レジスターがお店の運営を変える~効率を求めるならレジスターから~

レジスターでお店を変えよう

カフェを上手に始める

飲食店と一線を画すカフェという業態

飲食店の開業と言えば、食堂やレストラン、バー等、様々なものがあります。 それらと一線を画し、人気を集めているのがカフェという業態です。 カフェは、飲食店の歴史の中でも、割と新しい業態ですが、大きな注目を集めています。 カフェは、バーと同じように飲み物を主体としているお店が多いものです。 基本的なメニューとしては、コーヒー、アイスティー、フルーツ系ドリンクを主軸に置いていきます。 飲食店は味が命です。 それは、食堂やレストラン、バーでも同じ事が言えます。 もちろんカフェでも同じですが、飲み物が中心なので、味の追求がしやすいという利点があります。 パスタやサンドイッチ、ケーキといった軽食がメインとなります。 カフェが自分一人でも開業しやすいのは、ドリンクの需要が高い事と、軽食中心というメニューの扱いやすさがあるのかもしれません。 これは、他の飲食店と一線を画すと言っても良いでしょう。

開業は小さく始めて大きく育てる

今後のカフェ開業の流れとしては、小さく始めて大きく育てる事が主流になっていくでしょう。 カフェの開業は1人でもスタートする事が出来ますし、自宅を改装して自宅で行う人もいるほどです。 人数や場所、いずれにしても自分1人でもお店を回せるぐらいの規模から、無理なく試してみて、需要や業績を見ながら大きく育てていくのが一つのスタイルとなっていくでしょう。 脱サラで起業する人はこれまでもいましたが、いきなり、何のツテも実績もなしに起業するにはリスクが伴います。 そのリスクの軽減策としても、1人でも出来る規模でスタートして人件費を抑え、軌道に乗せてから、メニューや人員、規模を大きくしていくというスタイルが注目されています。